スポンサードリンク

引越し業者への心づけ(チップ)は必要なの?

引越しの当日、引越し作業員の方に心づけ(チップ)を渡した方がいいのかというのはとても悩むところだと思います。

実際のところ心づけというのは払う必要はないというのが本当のところでしょう。

引越し業者でも心づけは一切受け付けないというところもあります。

ただ私的には気持ちだけでいいので、心づけは渡したいというのが本当の気持ちです。

私自身、引越し業者でアルバイトですが働いていたことがあり、心づけを頂けると金額ではなく、気持ちがうれしく、「よし、ガンバロー!!」とモチベーションが上がったからです。

まぁ、私みたいにアルバイトではなく、引越しのプロとして働いている引越し業者の方は心づけなどもらわなくてもしっかりとした仕事をしてくれると思いますけど・・・。

ただ、やはりそこは人間ですから、心づけを頂ければどんな方でも嫌な思いはしないと思います。

引越しというのはかなりの重労働です。

もちろんこっちは正規の引越しの料金も支払っているのだから、引越し業者の方が仕事をするのは当たり前なのですが、自分の荷物を嫌な顔もせず丁寧に慎重に運んでくれる作業員の方には、気持ちだけでも心づけを渡しても損ではないのではと私は思います。

もちろんこれは私の主観ですので、心づけは渡さなくてもまったく問題はないと思います。

では、とりあえずここでは心づけ(チップ)を渡すとしたらどのくらい渡せばいいということを考えてみたいと思います。

引越し業者への心づけはどのくらい?

さて、引越し業者へ心づけを渡すとしたらどのくらい渡せばいいかということですが、正直そんなに大きな金額は渡す必要はないと私は思います。

作業員1人につき1000円程度で充分だと思います。

私が引越し業者でアルバイトをしていた時に、同僚が万単位で心づけを頂いたなんてことを聞きましたが、それはやりすぎではと思います。

タバコとジュース、それにちょっとした総菜パンやお菓子が買えるくらいで充分喜んでもらえると思います。

もしお金を渡すことに抵抗があるならば、ペットボトルのジュースなどでも喜ばれると思います。

引越しの仕事は汗をものすごく掻きますからね。

要するに本当にちょっとした気持ちで充分ということです。

ただ、お弁当とかは作業員の方が自分で用意している場合があるので避けた方がいいかもしれません。

心づけ(チップ)を渡すタイミングは?

心づけを渡すタイミングはお金でしたらやはり引越し作業に入る前に渡しておきたいですね。

やはり心づけをもらってからの方が人間やる気がでるものです。

ただ、中には引越し業者の方の作業がとても素晴らしく、その感謝の気持ちを込めて最後に心づけを渡したという方もいらっしゃいます。

また、これは引越し業者の作業員の方の話ですが、引越しが終わった後に心づけをいただくと、自分の仕事を評価してくれたとうれしく思う方もいらっしゃいます。

この部分は自分の考えというのがあると思うので、心づけを渡すタイミングはどちらでも構わないと思いますが、私の場合は引越しの作業に入る前に渡すという考えです。

それから心づけを渡すときですが、リーダー格の方にすべて渡してしまうのではなく、作業してくれる人それぞれ1人ずつに渡した方がいいようです。

飲み物などの場合は搬出が終わった後に「休憩の時にでもどうぞ」と渡したり、引越しの作業が終わった後に「皆さんでどうぞ」と渡すのがいいと思います。

まとめ

結局のところ引越し業者の作業員の方に心づけ(チップ)は必要なのか必要でないのかということは私が断言できることではありません。

日本にはチップという習慣もありませんし、それに引越しの作業員の方も心づけ(チップ)が貰えないからといって、手を抜いた作業はしないでしょう。

例えば、自宅で風呂釜が壊れて修理に来てくれた方や、エアコンを取り付けに来てくれた方などに、「よかったらどうぞ」と飲み物を買ってきたりしませんでしょうか?

それと同じようなことだと私は思います。

要するに労いの気持ちということですね。

お金を渡さなければならないというのではなく、飲み物だけでも労いの気持ちを込めて渡すだけでもとてもうれしいと思います。

良くしてもらった人には自分もその人に良くしてあげたいと思うのが人情だと私は思います。

スポンサードリンク


関連記事

サイト運営者情報
・運営ポリシー
・リンクについて
・プロフィール